司法書士の転職

司法書士の転職におすすめのエージェント会社とは?各エージェントの比較から利用の流れまで完全解説

司法書士事務所への就職・転職を考えている方がまず悩むのが情報が少ない点です。
司法書士会やハローワーク等各種媒体に求人は載っていても詳しくなく、ネットの口コミもそこまで多くないのが実情です。

そこで活用したいのがエージェントです!

実際、Twitterでアンケートを取ったところ、多くの方がエージェントを利用して転職活動をしています。

リクナビやマイナビ等の一般向けのエージェントではなく、司法書士等の士業に特化したエージェントも最近ではいくつかあり、それぞれのエージェントによって特徴があります!

これから紹介するエージェントは会員登録は無料なので、気になったところは全て登録するのがおすすめです!

「エージェント使いたいけど、どこがおすすめなのか分からない」という方はこの記事を参考に気になるエージェントに登録してみましょう。

リーガルジョブボード

  • 業界一の求人数
  • お祝い金制度がある
  • 履歴書や職務経歴書の添削+面接同行

士業特化のエージェント会社として近年業界では有名なエージェントの1つです。
求人数は業界一多く、資格者だけではなく、補助者やパートなども扱っています!
求人は全国で募集していますが、やはり東京や大阪の求人が多めです。

リーガルジョブボードでは、履歴書や職務経歴書の添削はもちろん、面接の同行までしてくれます。
また、リーガルジョブボード経由で転職に成功するとお祝い金として数万も貰えます!

エージェントの方が親身に相談に乗ってくださるとエージェントの方の評判が良いです!
以前リーガルジョブボードの司法書士担当エージェントの北澤さんにインタビューしましたが、求職者のために一緒にキャリアを考えてくれる姿勢に好感が持てます。

司法書士の転職エージェントサイト「リーガルジョブボード」の担当者にインタビュー!司法書士の転職について聞いてみた!どうも書士ログです。 今回はなんと!司法書士の転職エージェントサイト「リーガルジョブボード」 の司法書士チームの方にインタビ...

リーガルブライト

  • 担当者が元LECのプロキャリア出身
  • 履歴書や職務経歴書の添削+面接同行
  • リーガルブライト独自の就職先

法律系事務所向けのコンサル・HP作成、人材紹介行っている会社です。
求人数は少ないですが、採用担当の方が元LECのプロキャリアにいたこともあり、司法書士業界に精通していることもあって、自分のキャリアに合った職場を探してくれます。
また、コンサル等を行っている関係からリーガルブライト独自の就職先もあります。
こちらも面接同行してくれます!

以前辰巳の松本先生との司法書士のリクルートについての対談記事もあるので、参考にすると良いかもしれないです!

メンターエージェント

 

  • 司法書士向けの転職セミナーを開催
  • キャリアプラン作成キットが貰える
  • 司法書士向けコンサル会社が運営

司法書士事務所向けの経営コンサルなどを手掛けている株式会社コンサルティングファームが運営しているエージェントです。
転職セミナーと題して、司法書士の業界情報や事務所の選び方等を詳しく教えて頂けます。
また、キャリアプランを作成するためのツールを貰うことができるので、これから司法書士としてどんなキャリアを築いていくか考える材料を提供してくれます。
司法書士としてのキャリアについて考えるセミナーなども開催されているため参加してみると良いと思います。

メンターエージェントでは、司法書士事務所の経営コンサルも行っているため、独自の就職先があるはずです。
求人は主に正社員の司法書士資格者の募集が多く、パート資格者や補助者の求人は少ないです。

LECプロキャリア

  • 資格予備校LECが運営
  • 昔からある求人サイト
  • 全国に求人有

こちら資格予備校のLECが運営している転職エージェントです。
昔からあるエージェント会社なので、求人数も多い印象。
転職者向けのセミナー等もやっているので、気になった方はまずはセミナーに参加してみると良いかも。

司法書士エージェントSACT

  • 士業特化エージェント
  • 80%非公開求人
  • 1000人以上の転職実績のあるエージェント在席

リーガルジョブボードと同じように士業特化のエージェントです。
司法書士だけではなく、弁護士や税理士等複数の士業を専門にしています。
求人は80%非公開なので、会員登録をしないとどんな求人があるか分からないですが、SACTにしか掲載していない独自の求人先があるとか。
エージェント担当者は転職支援だけではなく、開業支援や事業承継等も手掛けており、司法書士業界以外の他士業の動向を踏まえて就職先を斡旋してくださるそうです。

エージェント利用する流れ

エージェントを利用して求人を探す場合は、どこも以下のような流れになることが多いです。

エージェントを利用する流れ
  • ステップ1
    無料会員登録
    基本情報を入力して会員登録をします。
  • ステップ2
    エージェントからのヒアリング
    登録した後、エージェントから転職についてのヒアリングがあります。方法は直接会う、電話、スカイプなどがあります。
  • ステップ3
    エージェントから求人情報の提供
    ステップ2のヒアリングからエージェントが希望に合いそうな求人をピックアップしてくれます。
  • ステップ4
    気になった求人に応募
    ピックアップをしてもらった求人に気になったところがあれば、エージェントに伝えて応募をします。履歴書や職務経歴書をエージェントから送ってもらうことが出来ます。このタイミングで履歴書などを添削してもらうこともできます。
  • ステップ5
    事務所との面接
    事務所との面談日程等はエージェントが調整してくれます。また、リーガルジョブボードやリーガルブライトのように面接に同行してくれるエージェントもありますが、基本的に面接は1人で行きます。
  • ステップ6
    内定・転職
    提示された条件などをよく吟味して、内定を受けるか決めましょう。

エージェント会社を利用する際の注意点・おすすめの利用法

エージェント会社を利用する場合の注意点は、エージェントの情報のみを信じすぎないことです。
エージェントを利用するのは良いのですが、転職するのは自分なので、エージェントの情報のみを信じず自分の目で見極めることをしっかりやりましょう

面接のときの雰囲気、職場の雰囲気、職場環境(書類の整理の仕方・清潔感)などしっかり確認しましょう。

また、エージェントから紹介してもらえる事務所はエージェントに登録しているところだけです。
だからこそ、エージェントだけに頼らず自分でも職場を探しましょう。

エージェントには登録していないけど自分には合う良い条件の職場が見つかることもあるので、選択肢を広げるためにも、エージェントを利用しつつ自分で探すのがおすすめです。

エージェントの利用に関するQ&A

 

エージェントを利用した場合は断りづらい?

エージェントを利用したとしても必ずそのエージェントから転職する必要はありません。

 

転職するか悩んでいて、ひとまず情報を収集のために登録はあり?

情報収集のためにするのはありです!エージェントにすぐに転職を考えてはいない旨を最初に伝えれば大丈夫です。

 

エージェントにブラック事務所を紹介されないか不安です

私が使ったリーガルジョブボードとリーガルブライトは、ブラック事務所は紹介されませんでした。マイナス面などもしっかり教えてくれました。不安な方こそ色々な事務所の面接を受け、エージェントだけに頼らず、探すことをおすすめします。エージェントは選択肢を広げる手段の一つに過ぎないので

 

司法書士のエージェント会社の比較まとめ

エージェント特徴1特徴2特徴3
リーガルジョブボード
業界一の求人数お祝い金制度複数のエージェント在籍、面接の動向まで親身にサポート
リーガルブライト
相談実績2000件以上元LECプロキャリ出身のエージェントスカイプ相談有
メンターエージェント
独自の転職セミナー開催キャリアプラン作成キットがもらえる司法書士向けコンサル会社が運営
LECプロキャリア
業界では古くからある求人サイト全国に求人有LECが運営するエージェントサイト
SACT
1000件以上の士業転職をサポート非公開求人80%他士業の動向も見据えた上で転職サポート

各エージェントで特徴も違えば、そこのエージェント会社にしかない求人などもあります。
エージェントを利用することで転職できる可能性はあがるので、転職をする方は、選択肢を広げるためにも一度登録してみることおすすめします。
もちろん登録したからといってそこのエージェントに紹介されたところに必ず行く必要もないので、まずは情報収集という点でも利用する価値はあります。
今回の記事で参考にまずはきになったところを一つ登録してみてはいかがでしょうか!