伊藤塾の高橋講師のプラクティカルコースは演習中心の司法書士試験中上級講座?講座内容から高橋講師の評判について調べてみた。

最近SNS上で良く見る伊藤塾の高橋講師のプラクティカルコース!
こちらは2023年向けの講座として始まる伊藤塾の中上級講座です。

  • 高橋講師のプラクティカルコースとは?
  • どういう方が受ける方が良いの?
  • 伊藤塾の高橋講師の評判とは?
  • 同じ中上級講座のアドバンスコースと何が違う?

この記事では、上記のような内容でまとめてみたので、講座選びの際に参考にしてみてください!

目次

高橋講師担当の中上級講座「プラクティカルコース」

出典:伊藤塾
プラクティカルコースの内容

・法改正講座:髙橋智宏講師
・択一集中演習講座:髙橋智宏講師
・コンプリート記述式過去問演習講座:髙橋智宏講師
・択一実戦力養成答練:宇津木卓磨講師
・記述式答案構成力養成答練:山村拓也講師

高橋講師のプラクティカルコースは複数の講座がまとまったものになっていて、法改正講座から年明けの答練まで含まれています。
高橋講師の法改正講座、択一演習講座、コンプリート記述式過去問演習講座で年内に基礎から発展まで学習をし、年明けから答練に繋げるものになっているため、高橋講師の講義自体は年内で完了します。

高橋講師の法改正講義とは?

本編(択一集中演習講座)の前に令和5年度の本試験で新たに出題範囲に含まれる法改正を1回55分×3回の講座で知識をブラッシュアップしていきます。もちろん、法改正趣旨からしっかり解説もあり、法改正にしっかり対応した状態で本編に進むことができるので、法改正について別途対応講座を取る必要がありません。

法改正講義:3回(1回55分)

高橋講師の択一集中演習講座とは?

3段階カリキュラムで、基礎から発展まで実力を伸ばす構成

まずプラクティカルコースの択一講座の「択一集中演習講座」は、高橋講師のオリジナルテキストを使用し、問題演習を通して基礎から発展まで3段階で学習していく講座になっています。
そのため、演習を通して学習していきたい人によってはおすすめです!


演習は3パターンに分かれていて、科目ごとで全44回分の演習になっています。

・基礎徹底回(各3回):一問一答形式でA+ランクの問題を中心に扱い、基礎の徹底をするパート。

・総合演習回(各6回):一問一答形式でA-ランク・B+ランクを扱い、差が付きやすい論点を学習し、実力を伸ばしていくパート。

・実戦演習回(各2回):五肢択一式でより実戦的な演習で総仕上げのパート。

出典:伊藤塾

演習量がかなりあるため、「過去問もやれるのかな?」と心配になる方もいると思いますが、
高橋講師曰く、プラクティカルコースだけをしっかり回せば合格点が取れ、過去問も別途やる必要がないそうです!

1問ごとに制度趣旨・理由付けを記載した教材を使用

高橋講師は制度趣旨・理由付けを重視して講座を展開するタイプの講師で、1問ごとに制度趣旨・理由付けをテキストにも記載し、問題と解答だけが記載されている演習講座とは異なり制度趣旨からしっかり理解できるように工夫されています。

出典:伊藤塾
出典:伊藤塾

【基礎徹底回】

  • 民法3回
  • 不動産登記3回
  • 会社法・商業登記法3回
  • マイナー科目3回

【総合演習回】

  • 民法6回
  • 不動産登記6回
  • 会社法・商業登記法6回
  • マイナー科目6回

【実戦演習回】

  • 民法2回
  • 不動産登記2回
  • 会社法・商業登記法2回
  • マイナー科目2回

高橋講師のコンプリート記述過去問演習講座とは?

丁寧な解法解説と合格ラインの明示

ただ単に過去問を解いて解説するだけではなく、問題文の解き方(問題文のどこに着目するのか、何を連想するか、どのように判断するか)を含めた解法解説と過去の合格者の答案を参考に「どこまで点数が取れていれば良いのか」という合格ラインの明示まで行う講座です。
また、効率的に過去問学習ができるように、「傾向把握の観点から直近の2問分の問題」、「論点把握の観点から厳選した5問分の問題」を厳選した伊藤塾オリジナルの過去問集を使用します。

今後の出題が想定される周辺部分の論点も網羅

上記の過去問を解いて解説するだけでなく、今後の出題が想定される周辺部分の論点についても網羅しています。
別途高橋講師のオリジナルテキスト用いて「過去問にはない、今後出題の可能性のある論点の明示」や「具体的な事例を併記」が解説していきます。

出典:伊藤塾

ただ、単に過去問を解いて終わりではなく、過去問を最大限に活用することができる講座になります。

年明けからは出題予想を兼ねた完全オリジナル問題の記述式答案構成力養成答練が始めるので、年内は過去問レベルの学習をしっかり行うことができ、より記述の実力を伸ばすことができます。

【不動産登記】

  • 問題解説編 7回
  • 論点攻略編 8回

【商業登記】

  • 問題解説編 7回
  • 論点攻略編 8回

高橋講師のプラクティカルコースの費用

講座名受講料2022/8/31(日)まで40%OFF!!
伊藤塾「プラクティカルコース」348,000円208,800円(クーポンコード:22c02321)

伊藤塾の高橋講師の口コミ・評判

この他にも高橋講師は制度趣旨からの解説が分かりやすいという口コミがあり、分かりやすさに定評がある講師です!

高橋講師のプラクティカルコースと宇津木講師のアドバンスコースとの違い

講座名プラクティカルコースアドバンスコース
担当者高橋講師宇津木講師
講座内容・法改正講座
・択一集中演習講座
・コンプリート記述式過去問演習講座
・択一実戦力養成答練
・記述式答案構成力養成答練
・法改正講義
・択一合格アドバンス講義
・アドバンス択一演習
・アドバンス記述式演習
・択一実戦力養成答練
・記述式答案構成力養成答練
使用教材・択一オリジナルテキスト
・演習問題冊子(一問一答形式)44回分
・司法書士 記述式厳選過去問集-2022ver-7回分
・記述オリジナルテキスト8回分
・択一実戦力養成答練問題冊子/解説冊子12回分
・記述式答案構成力養成答練問題冊子/解説冊子12回分
・アドバンスオリジナルテキスト
・解答用マークシート
・アドバンスシート
・スタンダード択一演習問題冊子/解説冊子12回分
・スタンダード記述演習問題冊子/解説冊子14回
・択一実戦力養成答練問題冊子/解説冊子12回分
・記述式答案構成力養成答練問題冊子/解説冊子12回分
対象者複数回受験生、点数が伸び悩んでいる方基準点付近、学習時間があまり多く取れない方
受講料¥348,000円¥398,000 円
早期割(8月31日まで)¥208,800円¥238,800円
プラクティカルコースが向いている方とは?
  • 問題演習を中心に学習したい方
  • 制度趣旨を踏まえて、しっかり基礎から発展まで学習したい方
  • 複数回受験生で点数が伸び悩んでいる方
アドバンスコースが向いている方とは?
  • 兼業受験生で可処分時間が少なく、効率よく知識を整理して勉強したい
  • 1講座45分の講座でテーマごとに自分のペースで苦手分野など効率よく勉強したい方
  • 基礎知識は身に付いていて、演習を通して更に点数を安定させたい方

まとめ

今まで演習を中心とした講座はなかったのですが、今年高橋講師の担当の講座は演習中心の講座なので、問題を解きながら学習したい方にとってはとてもおすすめな講座と言えます。

中上級と言っても講座ごとで担当者の講座趣旨が全く変わってきますので、予備校の講座を取る場合には、自分がその講座を取るべきかどうか、自分の学習スタイルに合っているかを含めて検討して選びましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次