雑記

司法書士/司法書士補助者の就職・転職の仕方

司法書士/司法書士補助者の就職や転職について、一般企業と違って、大々的に採用活動などを行っていないので、あまりよく知らないという人も多いはず。

  • 実際試験に受かったらどうやって事務所を探してる⁉
  • 他業種から転職するときはどうしたら良い⁉

という方のために今回は司法書士事務所/法人の就職・転職の仕方についてまとめてみました。

司法書士会の求人から探す

司法書士事務所・法人の募集といったら、司法書士会の求人を見ることから始めるという方も多いはず。
各書士会+求人とかで調べれば出てきます。
基本的には募集内容を見て、こちらから履歴書を送るパターンが多いのですが、書士会によっては自分の履歴書を置いておいて事務所側からも連絡取れるようになっているところもあるそうです。
各書士会で対応が違うので自分の応募する書士会に確認してみてください。

リーガルジョブボード等のエージェント会社を使う

士業向けのエージェント会社も最近ではいくつかあります。

自分の希望の事務所を効率よく探したいのであれば、ひとまず登録してエージェントに全部ぶん投げるのも有りだと思います。
それぞれのエージェントでは特徴もあるので簡単に紹介します。

リーガルジョブボード

数年前から士業向けのリクルートに力を入れ始めたエージェント会社です。
求人は一応全国対応していていますが、主に関東と近畿に集中していて、士業向けの求人サイトでは1番多そうな印象。
求人は、司法書士事務所・法人だけではなく、一般企業の法務部も一部募集があります。
ちなみに求人のほとんどが非公開なんですが、所在地でネット検索すればだいたいどの事務所かは分かります(笑)

もちろんエージェント会社なので、自分の希望に近い求人先を紹介してくれ、給与交渉やら希望によっては面接に同行までしてくれます。
他のエージェント会社と違うところでリーガルジョブボードの良いところはお祝い金がもらえるところです!
転職できて、お祝い金数万円もらえるなら利用した方が良いですよね。

 

ちなみにリーガルジョブボードは毎年合格祝賀会もやっていて、今年もすでに申し込みが始まっているみたいです。


行くだけで1000円のクオカードがもらえるので、合格の可能性が高い人は登録しとくと良いかもしれません~

リーガルブライト

こちらは士業向けのコンサル会社なのですが、併せて求人募集にも対応しています。
こちらもリーガルジョブボードと同じく、自分の希望に近い求人を紹介してくれ、給与交渉、面接同行もして頂けます。
一度リーガルブライトの担当者と直接会うかスカイプで面談をする必要があります。
その後、面談時に伝えた希望に近い事務所や法人を紹介してくれます。
リーガルブライトも11月の採用時期になると登録特典を用意していました。
去年は確か自分の名刺作ってくれる特典だった気がします。

メンターエージェント

伊藤塾と繋がりが深いエージェント会社?
伊藤塾で合同面接会等を一緒に行っているエージェント会社です。
こちらもリーガルブライトと同じくまず最初に個別面談をし、その時に希望を伝えたり、キャリアプランについて一緒に考えてもらうことが出来ます。
こちらの求人を見る限り補助者は少なめで資格者の求人が多い印象です。
求人は主に関東と近畿が多いですが、一応全国に対応しているので、その他の都道府県でも求人がいくつかありそうです。
これから司法書士を目指す方や受験生もキャリアプランついて相談することが出来るそうです。

ハローワーク、その他の求人サイトで探す

司法書士事務所・法人によっては、ハローワークやその他求人サイトで募集しているところもあります。
まぁーだいたい司法書士会に求人を出しているところが合わせて出しているパターンが多いです。
書士会の求人の募集内容をより詳しく書いていることもあるので、書士会で気になったところがあったら、調べてみる程度で良いと思います。

 

司法書士事務所・法人の給与について

東京・東京以外の大規模事務所
月収25万円~月収30万円
それ以外の個人事務所
月収20万円

司法書士事務所・法人の月の給与については、一般的に普通の個人事務所だとそんなに給与が高くないのが実情。
普通の一般企業に比べたら年齢関係なく低いところが多いです。
法人でも小さいところだと給与安めなのは変わらず、大きいところになるとそこそこもらえている人は周りにいます。
あとは、法人で忙しいところだと年棒制で給与は高めだけど残業がやばいところとかもあるので注意が必要です。
もちろん上記の例は一般的なので、中にはもっと良い待遇のところや自分で仕事取ってきたりと仕事ができてめちゃくちゃ稼いでいる人もいます。

また、個人事務所だと人数が少ないと社保の適用が免除されるので、社保無しとか普通にあります。
また、残業代をあらかじめ含めるみなし残業も多かったりします・・・・・
なので、面接のときはしっかりこの辺も確認した方が良いですよ。

ブラック司法書士事務所・法人の見分け方

基本的に常に求人が出ているところは注意が必要。
そういうところは、ネットで検索して良い評判がなければ十中八九ブラックなはず…
本当にやばめなところはネットで検索すれば出てきますからね…

あとは、面接時の質問に対する受け答えの内容や知り合いの資格者や受験生に聞いたりして、ブラックかどうか判断するしかないですが、万が一ブラックの時は資格を持っていれば基本的に就職には困らないはずなので、スキルを手に入れたらとっとと辞めるかそもそも速攻辞めるかすれば良いと思います。

まとめ

これから司法書士事務所・法人に初めて就職する人・転職する人は色んなところを受けてみると良いと思います。
事務所や法人にとって扱う業務は違うので、どんな業務をやりたいのか、どんなスキルを身に付けたいのかをしっかり考えて決めた方が良いです。
良くも悪くも最初の事務所や法人での働き方がその後に影響してくると思うので。

現在司法書士・司法書士補助者として働いている人も自分の価値について確認するためにも時々転職サイトを見て、良さそうなところがあれば応募してみるのも良いと思います。
自分の価値が他のところだとどのくらいなのか、他の事務所や法人がどんな業務に力を入れているのか、どういう考えで経営してるのかとかも面接なら直で聞けるので、転職を考えるときの材料になると思います。