書士ログ

兼業司法書士受験生の資格・雑記ブログ。

LECのケータイ司法書士講座の民法が2000円で受けれるだと⁉

SPONSORED LINK

f:id:shoshilog:20180708233955p:plain

ケータイ司法書士の民法編がなんと2000円で受けられるみたいなんですが、皆さん知ってますか?

ぶっちゃけ2000円の講座とか破格すぎて逆にどうなのよと半信半疑な部分もあったので、身銭切って申し込んでみました!

 

ケータイ司法書士の内容とは

f:id:shoshilog:20180708224230p:plain

ケータイ司法書士は、森山先生の著者「ケータイ司法書士」がテキストして使われていて、 重要論点や分かりにくいところなどを森山先生が補足説明をしながら記憶しやすいように講義してくれます。

講義は1冊30分×30日(15 時間)となっていてとてもコンパクトにまとまっています。

最初の25分が講義で、残り5分が定着度チェックとなっています。

f:id:shoshilog:20180708214854p:plain

ケータイ司法書士の講座の価格とは?

f:id:shoshilog:20180708225209p:plain

1冊10000円のところ、民法編だけなんと2000円で受けられます。

ちなみに全科目受けるなら、52000円です!

ケータイ司法書士の魅力とは?


【LEC司法書士】2019年向け1日30分ケータイ司法書士講座  サンプル動画

テキストが画面に映るので、スマホがあればどこでも勉強できる

上のサンプル動画の1分45秒あたりから見てもらうと分かるんですが、テキストが画面に映るので、わざわざテキストを持ち運ぶ必要がありません。

そのため、スマホがあれば場所を問わずサクッと勉強を開始できるんです!

社会人でテキストを持ち運ぶのが大変という方にとってはとても助かりますよね。

1日30分で出来るので、サクッとできてペースメーカーにしやすい

1講義30分なので、時間がない人でも日々勉強しやすくなっています。

もちろん30分なので復習もしやすく、1日1講座で1か月で終わるのでペースメーカーにもしやすいです。

森山先生の話すスピードなら倍速でも聞けるので15分で終わらせることも出来ると思います。

コンパクトにまとまっている

司法書士の勉強はとにかく量が膨大なので、その量の多さから勉強に追いつけなくなってしまう方も多々いると思います。

しかし、ケータイ司法書士講座はあらかじめ重要論点がまとまっていて、分かりにくいところを森山先生が分かりやすく補足してくれるので、気軽に始めることができて、追いつけなくなってしまうことがなく継続もしやすいはずです。

司法書士の勉強を初めてやる初学者やサクッと重要論点を確認したい人にとって復習もしやすいです!

実際にケータイ司法書士を受けてみた感想

実際にケータイ司法書士の民法を受けてみて思ったことは、スマホがあればテキストいらずでどこでも勉強ができるので、 電車の中とかなど隙間時間を有効に使えるのがとても良いです。

スマホにテキストが映るのはかなり便利で、予備校の講座全部これになって欲しいと思いましたね。

1講義30分に重要論点がコンパクトにまとまっているので、サクッとできて、サクッと復習できるので、 特に初学者や仕事で忙しい人なんかにはおすすめ

倍速にもできるので2倍速で聞けば15分で終わらせることも可能です!

逆に中上級者の人にとってはコンパクトになりすぎていて、物足りないと感じると思います。

中上級者の方で使うなら、新しい知識を入れる為の講座のではなく、重要論点を毎日確認して ペースメーカーにしたいという使い方が良いかと思います。

ケータイ司法書士の評判

 

講座を受けているかは分かりませんが、初学者でお試し受験された方で、講座で使用している市販のケータイ司法書士のテキストで民法で17問取れた方がいたみたいですね。

まとめ

自分は民法が苦手なので、とりあえず重要論点を毎日確認するためのペースメーカーとして使っていこうと思います。

2000円なので自分には合わなかったとして大したダメージでもないですし、1日30分なので全部やったとしてもそこまで時間的リスクもないです

時間がなくてなかなか勉強が進まないなんて方は、まずは民法で試して、良さそうなら他の科目も受けてみるのも有り。

どちらにせよ、2000円以上の価値はあるので、参考書1冊買ったと思えば安いもんです!

他にレビューされている方がいないとおもうのでぜひ参考にしてみてください。

 

「1日30分ケータイ司法書士講座 民法」を申し込む方はこちら

 


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ